DSC02020.JPG

会長あいさつ

新型コロナウイルスの感染がまだ広がっています。
しかし、コロナ禍の中でも野の花が咲き、小鳥がさえずり、野狐が野原を闊歩して
います。
昼には、太陽がまぶしく輝き、
夜には、月が、そして満天の星が闇を照らしています。
私たちは、何が起ころうとも、自然のふところに抱かれて暮らしています。
今年度は、今までのような形での「きららアート・コレクション」ができなくなり
ました。
しかし、皆さんの作品を何らかの形で展示したいと思います。
コロナの渦中でも活用できるのが、文明の利器の一つであるインターネットです。
不十分な利器ではありますが、オンラインを通して作品を配信します。
また、出展者には一人一人の作品が掲載された「写真集」をお配りします。
じっくり時間をかけてご覧になっていただければありがたいです。
一人ひとりの作品には自由さがあります。ビックリ感があります。
作品の中の「点描」から「線描」、そして「色彩」の中からイメージを膨らませ、
よろこびを分かち合えれば幸いです。
また、立体作品についても自分なりに想像し、感触を味わってみてください。
ここ、岩手県は宮沢賢治の理想郷「イイハトーブ」の地です。
大地に「よろこび」や「ビックリ感」がいっぱい潜んでいます。
一人一人の作品に眼をこらし、大地の声に耳を傾けながら楽しんでもらえたらうれ
しいと思います。

2021年2月

いわて・きららアート協会

​会長 澤谷 常清